水道の修理や工事が必要な場合

給湯器を使用している家庭は多いです。給湯器は、一般的なものの場合およそ10年が耐久年数だと言われているので、近くなってきたら注意しておく必要があります。また、耐久年数が過ぎている場合に修理が必要になれば、修理だけでなく交換も合わせて検討してみるのがおすすめです。費用や修理の内容によっては、今後を考えたら交換した方が得である場合もあります。

■給湯器のトラブルで多いものとは

給湯器のトラブルで多いのが、お湯の温度が安定しなかったり、突然お湯から水に変わってしまう、水道からお湯が出ないといった症状です。こういったことが起こったときは、早めに専門業者に相談した方が良いです。また、水漏れが起こることも少なくありません。長く使ってきた給湯器は、部品が劣化していることも多く、これが原因で水漏れが起こっていることもあります。



■配管工事をする
給湯器を修理したり新しいものと交換する場合、配管工事が必要になることがほとんどです。配管工事は、多くの場合半日程度で終わることが多いですが、場合によっては丸一日かかることもあります。かかる費用についてですが、これはケースバイケースです。工事内容などによっても異なります。一万円くらいから、大きな修理であればそれ以上かかることもあります。

■工事や修理は自分でできるか

給湯器は、火を使うものです。そのため、給湯器 修理や工事は自分で行うことは避けましょう。自分で行って失敗した場合、不完全燃焼を起こすなど危険な状態になることもあります。専門家に相談してください。





■まとめ
給湯器のトラブルで多いのが、水道からお湯が出なかったり温度が安定しない、お湯から水に変わってしまうことです。他にも、水漏れなどのトラブルも多い傾向があります。修理や工事は、自分で行ったりせず、専門家に相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ